地域情報の交流を総合的にサポートする地域密着型ポータルサイト プライバシーポリシーサイトマップお問い合せ運営会社について
HOME > 西尾を知ろう! > きらら鈴

きらら鈴(きららすず)

西尾の山々はかつて「きらら」と呼ばれる雲母の名産地として有名で、特に八ツ面山で採られる雲母は良質で、その雲母が練りこまれた三河瓦土を使って作られたものがきらら鈴です。
明治時代初期、その雲母を採掘していた発掘人夫が事故で命を落とし、その慰霊のために陶芸家の加藤熊蔵氏の手により作られ、祭礼時なとに木の枝にぶら下げて御霊を迎え祀ったのがきらら鈴の始まりと言われています。振ると温かく優しい音色を響かせます。
現在は八ツ面町に住んでいる松田克己さんが作られています。

DATA

【名称】きらら鈴(きららすず)
【所在地】〒445-0082 西尾市八ツ面町尾屋敷78
【開催日】―
【営業時間】―
【定休日】―
【料金】―
【問い合わせ】0563-56-3574

こちら西尾の情報局