地域情報の交流を総合的にサポートする地域密着型ポータルサイト プライバシーポリシーサイトマップお問い合せ運営会社について
HOME > 西尾を知ろう! > 天竹神社

天竹神社(てんじくじんじゃ)

日本で唯一、棉神様を祀っている神社です。
799(延歴18)年、この地に崑崙人(こんろんじん)が漂着し、その所持品の中に壺に入った棉の種がありました。崑崙人は村人たちに棉の栽培方法を伝授したと言われており、これが棉栽培の始まりだと伝えられています。境内には棉に関する資料館があり、貴重な資料の数々を無料で見ることができます。
また、毎年10月の第四日曜日に棉神様を祭る「棉祖祭(めんそさい)」が開催され、古式製法による棉打ちなどが行われます。境内には全国の木綿関係者からの寄進品も多く、棉神様が信仰を集めていることがわかります。

DATA

【名称】天竹神社(てんじくじんじゃ)
【所在地】〒445-0894 西尾市上町下屋敷15
【開催日】―
【営業時間】―
【定休日】―
【料金】―
【問い合わせ】0563-57-4364

こちら西尾の情報局