地域情報の交流を総合的にサポートする地域密着型ポータルサイト プライバシーポリシーサイトマップお問い合せ運営会社について
HOME > 西尾を知ろう! > 実相寺

実相寺(じっそうじ)

1271(文永8)年に創建された実相寺(じっそうじ)の境内は三河クロマツに囲まれており、荘厳な雰囲気に包まれています。
実相寺は西尾茶の起源といわれ、開山の際に招請された京都の聖一国師(しょういつこくし)が、宋から持ち帰った茶の種を境内に播いたことに始まります。当時は庶民がお茶を飲むことはなく、仏事や座禅修行で眠気覚ましの薬として飲まれるなど、寺内での飲用がほとんどでした。
毎年4月の第2日曜日には西野町のお釈迦さん(花まつり)が開催され、参拝に訪れた人に甘茶が振る舞われるなどして賑わいをみせます。

DATA

【名称】実相寺(じっそうじ)
【所在地】〒445-0894 西尾市上町下屋敷15
【開催日】―
【営業時間】―
【定休日】―
【料金】―
【問い合わせ】―

こちら西尾の情報局